ウーマン

送るときの注意点

スマホ

復縁したいと思ったとき、メールという連絡手段は比較的おすすめの方法です。復縁はしたい人の思うよりもはるかに難しいことが多いです。復縁したいという思いが強すぎて、強引に押しすぎてしまい、引かれてしまったり拒絶反応がでてしまったりすることが多いためです。その点、メールならばほどよい距離が保てますし、もらった方もストレスが少なくてすみます。慎重に進めるべき場面ではおすすめの方法なのです。とはいえ、むやみやたらに送ってはやはり気持ちを遠ざけてしまいます。メールを送るときは、タイミングと内容に注意が必要です。まずタイミングですが、別れた後、十分な冷却期間をとってから送ることを心がけましょう。復縁はまず振った方の気持ちを冷却させる時間が必要です。未練を残し、すがればすがるほど相手の気持ちは離れていきます。まず別れを受け入れ、気持ちが落ち着くまで十分の期間をとりましょう。半年ほどはあけるのがおすすめです。その間はメールに限らずすべての連絡をたちましょう。半年ほどしたらメールの送りどきです。誕生日、お正月、クリスマスといった何らかの口実にかこつけてメールするのもよいでしょう。何もなければ元気にしてるかを聞くだけでもかまいません。ここで重要なのは、まだ復縁を迫らず、匂わせもしないということです。このメールの反応如何で進め方が変わってきます。相手の気持ちが落ち着いていて、それなりによい印象に戻っていれば反応があるでしょうが、新しい相手がいたりまだ気持ちが落ち着いていなければ無視されるかもしれません。そのときはまた半年ほど待たなければなりません。押しは禁物と心得ましょう。